社会講座案内|大学受験科

社会

社会はよく暗記科目だと言われますが、近年の思考型の出題形式には、知っているだけでは解けないものが多くなってきました。前期でそれぞれの教科の常識・知識となるもの理解、その整理をしっかりおこないます。後期では理解し、整理した常識・知識を実際の問題を解く際に使えるものにしていきます。

日本史

日本史

|日|13:30~16:20

一年間かけて、全時代の重要事項をわかりやすく解説・講義します。講義だけではなく、一日の授業の中で解説した内容について、理解を深めるために入試問題を使い演習も行います。最後にどれだけ理解したか、何が足りないかの確認をした後、学習アドバイスをします。一回(50分×3回)の授業で効率よく歴史の因果関係を理解させることに努めます。

しかし、日本史は、予備校や高等学校の進路に合わせて学習したのでは入試に間に合いません。そこで、受験生一人ひとりのレベルに応じて学習アドバイスを行い、高得点が取れるように指導します。“継続は力なり”。続けることが大切です。一年間、食事と寝ている時間以外は勉強するのも青春の1ページ!

世界史

世界史

|土|14:10~17:00

毎年高い出題率を維持している「近現代史」「中国史」「イスラム史」を中心に丁寧に講義します。この講座を受講してキミやアナタも“真の実力派受験生”を目指しませんか、50分×3回=150分の中で最初の100分を「近現代史」に、残りの50分を「中国史」と「イスラム史」を集中的に講義します。

また、センター試験対応型のオリジナルテキストを用意し、皆さんの都合を確認しながら対応します。そうしてセンター試験の会場に「近現代史」「中国史」「イスラム史」という強力な武器を携えて臨んで下さい。“実力派受験生”になる条件はただ1つ。本ゼミの講義及び演習世界史のテキストを3回はやることです。(1回の復習は復習ではありません)なお、各定期テスト対策の指導を個別に行いますので安心して受講してください。

現代社会/政治・経済

現代社会/政治・経済

|土|14:10~17:00

講義、チェックテスト、演習を実施して、受験に必要な情報をみなさんの頭の中に確実にインプットしていきます。

講義

前期には、基本的人権や日本国憲法の基本原理、国会・内閣・裁判所などを、後期には、需要供給曲線、国民所得、金融・財政分野、戦後の日本経済の流れ、環境問題、労働問題、高齢社会と社会保障制度などを学習します。

チェックテスト

講義で学習した範囲を確実に復習してもらうために、次の回の授業の最初に、チェックテストを実施します。

演習

次の回の授業の後半で、前回学習した範囲の演習問題を解きます。演習問題は、その場で添削します。正解できなかったところは、講義で使った教材に立ち戻って、どの部分の理解や知識の定着が不十分だったから正解できなかったのかを、具体的に説明します。

地理

地理

|土|14:10~17:00

各種地図と統計を通して、日本・世界をどのように理解するのか?この点に「地理」の神髄があります。統計分野(交通・気候・地形・環境・各種産業)の地図・統計を用いた良問を取り上げます。

頻出の「地形図」はセンターの過去問を分かりやすく基礎から講義します。