Q&A|夏期講習

2021夏期講習

夏から専門科目を勉強しますが、授業についていけるか、試験に間に合うのか、いろいろ不安です。大丈夫でしょうか?

秋に合格するためには、1学期から継続して設置されている重要項目確認講座(週1回パターン)を志望に合わせて受講する必要があります。重要項目確認講座は1学期のレギュラー講座と同名の講座ですが、1学期の授業の中から重要項目をピックアップして取り上げます。そのため、夏期講習から参加する方も、夏期講習から2学期へとスムーズに受験対策が進みます。

なお、夏期講習から勉強を始める方のための「夏から~」講座など、いくつかの夏期講習特別講座(4日連続集中パターン)が設置されています。併せて受講することをお勧めします。

さらに、引き続き2学期の講座を履修することをお勧めします。

英語は講座がたくさんあり、いろいろなレベルがありますが、どの講座を選択したらよいのかわかりません。どうすればよいですか?

大学院入試・編入・転部・社会人入試では、英語は和訳などの記述式が中心です。一番のお勧め講座は「添削英語」です。「添削英語」では単語熟語の小テストも行います。記述式の試験では何よりも復習が大切です。夏期講習から始める場合は、「夏からの添削英語」などを履修して、基礎の確認をしてください。

また、添削英語以外の英語講座は、志望校の試験傾向や選考方法により「英作文」や「総合英語演習」を選択してください。英語講座の選択がわからない場合は、お気軽にご相談ください。

英語講座のレベルについては、志望大学のレベル、大学入試の時の偏差値などを参考に、講座を選択しましょう。いずれの場合も指導スタッフにご相談の上、お手続きください。

学費の支払いは一括払いのみですか?また、クレジットカードは使えますか?

当校受付窓口にて、現金もしくはクレジットカードでのお支払いになります。

現金によるお支払いは一括払いになります。
クレジットカードは「Visa」と「master」が利用できます。支払いは「一括」「分割(3~24回)」「リボ払い」から選択できます(「分割」と「リボ払い」は手数料が発生します)。

遠方でご来校できない方については、銀行振込・現金書留による一括払いになります。クレジットカードの利用はできません。

詳細は、「入会手続き」のページをご覧ください。

やむを得ない理由で授業を欠席した場合は、どうしたらいいでしょうか?

履修している講座については、授業実施日の翌日以降に、授業で使用した教材や課題答案をステップアップサポート部事務室で受け取ることができます(会員証をご持参ください)。

欠席した授業の課題答案を解いて後日提出していただければ、授業担当講師が添削して返却いたします(遅着答案制度)。ただし、授業で提出される答案よりも、返却までに多少お時間をいただく場合がありますので、ご了承ください。なお、答案提出には期限があります。期限については「ご入会の手引き」をご覧ください。