夏期講習|大学受験科

2022年7月25日~8月26日

時間割・講座案内

011-【1】 夏の特別講座①就職内定セミナー(宇佐美)

高校生の就職は9月が勝負! 人気企業の採用枠は9月1回の試験で埋まってしまいます。
企業の採用純は″4人目の君″。君は4人います。″みんなが知っている君″ ″自分が知っている君(自己分析)″ ″他人が知っている君(他己分析)″そして″誰も知らない君(近未来の君)″。就職試験の目的は、職業生活を通して″なりたい自分″を探す作業です。

032 夏に鍛える世界史(馬渕)

本講座は、「地理」の基礎分野(交通・通信、地形、気候、環境問題、農牧業)の要点整理と演習問題を行います。すべての入試問題のベースとなっている各種の地図やグラフの見方・考え方をわかりやすく講義していきます。とりわけ地理特有の技能である「地形図の読図」は、等高線の見方や地形と土地利用について頻出地域をとりあげて、念入りに講義してゆきます。

この講座で、受講生の地図(頭の中の世界地図)が、さらにクリアになるような講義内容にします。

034 夏に鍛える地理(市川)

本講座は、「地理」の基礎分野(交通・通信、地形、気候、環境問題、農牧業)の要点整理と演習問題を行います。すべての入試問題のベースとなっている各種の地図やグラフの見方・考え方をわかりやすく講義していきます。とりわけ地理特有の技能である「地形図の読図」は、等高線の見方や地形と土地利用について頻出地域をとりあげて、念入りに講義してゆきます。

この講座で、受講生の地図(頭の中の世界地図)が、さらにクリアになるような講義内容にします。

033 夏に鍛える現代社会・政治経済(榎本)

政治分野では、まず、基本的な人権などの基本的な内容の整理や復習をします。その上で、地方自治、選挙、政党といった民主主義の諸問題を学習します。国際政治の分野では、国際社会と国際法、国際連合、PKO、戦後国際政治の流れ、核軍縮などを学習します。経済分野では、需要供給曲線、ケインズ理論、国民所得などを学習します。この時期にこれらの内容をマスターすれば、後期から確実に偏差値が伸びます。真剣に取り組みましょう。

005 共通テスト英語リスニング演習(田中)

共通テスト英語リスニング対策をこれまで準備してきた人は、復習(発音・アクセント・イントネーション、音現象<連結・同化・脱落>)と補強(類似問題演習)、夏期及び2学期からの対策を始めたい人は、論理的学習法の要点と補強(類似問題演習)が出来ます。暑い夏に「英語の耳」を鍛え、実りある秋に備えましょう。

031 日本近現代史と日本文化史(前田)

私大・共通テストにおいて、①文化史は頻出テーマです。しかし、苦手とする受験生は多い。そこで飛鳥文化から戦後の文化までをわかりやすく解説・講義し、覚えるべき事項をカード化していきます。これを覚えれば私大対策は万全となります。暑い夏に文化史を得点源とするきっかけをつくる講座です。②近現代史の中でも、特に、″戦後史″ の出題頻度は年々高まっているにもかかわらず、つい後回しになりがちな時代です。そこでこの講座では基本的知識を講義します。得点UPをめざしましょう。①②別々でも受講できますが、日本史で受験する生徒の皆さん、ぜひ受講してください。

002 夏にキワめる重要英語比較構文(大日方)

英文法の分野で受験生が苦手とする分野は、①関係詞、②比較構文、③無生物主語構文、④仮定法、⑤準動詞(不定詞・分詞・動名詞)あたりです。今年の夏期講習では、この中の①、②、③をキワめる講座として設置しています。「重要比較構文」は特に理解しにくいですが、入試頻出の構文です。この夏「ナルホド」「よくワカッタ」を通して身につけた比較構文の知識を核(core)にして、「入試問題がとけるようになった!」と実感できるようにする講座です。2学期からは「比較構文のことならボクに・ワタシに聞いて!」と言えるようになることを願っています。

Ⅰ期(7月25日~7月29日)
11:30
~13:10
13:20

15:00
15:10

16:50
17:00

18:40
18:50

20:30

003 夏に鍛える共通テスト英語長文(田中)

夏期から本格的に、共通テストの長文(第6問を中心として)、および私大の類題対策をし、自信をつけようとする高3生・高卒生を対象とする講座です。5文型を意識しながら、これまで養ってきた語彙力・構造分析力をもとに、文章の展開を把握する手順を身に付けます。後は練習で、与えられた時間内に設問を答えて限りなく満点に近づける方法を伝授します。

014 夏に鍛える古文総合(五十嵐)

物語・随筆など、入試頻出の平安文を教材に文法力を駆使して共通テスト、および難関大入試に対応できる解釈力を養成することを目指す講座です。文法に即した正確な読解力こそ古文を得点源にするキーポイントです。全力で予習して、集中して授業を受け、演習問題に取り組み、復習でしっかり実力を身に付ける。このサイクルが得点力アップにつながるのです。暑い夏、フーフー言いながら、来春の合格を目指してがんばりましょう。古文の楽しさ、ちょっとわかってもらいたいと念じています。全力をあげてがんばってください。

021 夏に鍛える数学Ⅰ・A(江川)

数学Ⅰ・Aは。受験数学のすべての基礎となる重要な分野です。受験数学は数学Ⅰ・Aに始まり、数学Ⅰ・Aに終わると言って過言ではありません。本講座ではその「始まり」の部分にスポットを当て、今後の数学学習に必要不可欠なジャンル、具体的には「式の計算・集合」「2次関数」「2次方程式・不等式」「三角比」「確率」の基礎事項の確認と、発展への足掛かりをつけることを目的とします。この講座によって夏以降の数学に対する学習方法を確立させるとともに、実力アップを目指しましょう。

001 夏にキワめる重要比較構文(大日方)

この講座では関係詞の種類、用法、識別法を中学英語レベルより確認し、演習を通じて大学入試に必要なポイントを体得することを目標とします。さらに典型的な文法問題に加えて、文構造を自力で分析することを学び、正しく英文解釈することにつなげます。また、品詞や文のつなぎなど長文読解上も大切な項目と関連づけて説明します。お待ちしています。

Ⅱ期(8月1日~8月5日)
9:40

11:20
 
11:30

13:10
 
13:20

15:00
15:10

16:50
  
17:00

18:40
18:50

20:30

012 夏にキワめる現代文読解演習(長野)

一年の流れの中で、夏は1学期と2学期をつなぐ大切な時期。1学期の「文章を読む力」を土台に、「設問を解く力」を養成するための準備にかかります。そのためには、「読む」ことの質を上げることが重要。テーマ別出題率上位のものを取り上げ、絶対に必要なキーワードの知識と使い方を中心に、「解くための読み」の完成を目指します。これをマスターできれば、安定して高得点を維持できる実力が身に付きます。

041 高校生物(  )

夏期講習の「生物」は復習を兼ねての新項目実力養成の期間である。物質交代、生殖と発生、遺伝と遺伝子、刺激と反応など全分野を重点的に取り扱う。特に新指導要領で重視された遺伝子DNAを駆使して各分野を総合的に見ることにしたい。進度は基礎事項をマスターした上で応用問題の演習を手がけ、入試本番に備える。受講希望者は志望大学や上級校の過去問などを調べておくとより効果的である。また、希望項目に合わせて講座内容を展開するので意欲的に取り組んで欲しい。"栄冠は希望より来るにあらず、努力より来たる。"

004 夏にキワめる重要英語長文演習(大日方)

夏期から、中堅私大及び国公立の対策を本格化し、自信をつけようとする高3生・高卒生を対象とする講座です。5文型を意識しながら、語彙力・文法力・英文の構造分析力をもとに、文章展開の把握手順を確認し、設問に答える要領を身につける演習を徹底的に行います。

043 高校物理(石川)

物理は基礎事項=論理=公式の組み合わせで成り立っています。一見難しそうに見える入試問題も、基礎事項を組み合わせることで解けてきます。基礎事項を理解することが最重要になるのです。物理基礎公式は約100あります。そのうちこれだけは落としてはいけないという最重要公式は30強です。入試の中心は力学、電磁気です。この2分野を中心に、この基礎公式の徹底理解をし、実際に使えるようにもっていゆきます。毎回1つのテーマに集中して講義・演習し、イメージが頭の中にできあがるような講義を行います。講習は、①電解と電位、②静電誘導、③コンデンサー、④直流回路、キルホフの法則、⑤ダイオード非線形抵抗を含む回路 を予定しています。さらに毎回後半に質疑応答の時間を作り、理解の強化をはかります。合格した人たちも基礎の学習はとても役立ったと言っています。この機会に受験に物理の必要な方全員の受講を強く勧めます。

Ⅲ期(8月8日~8月12日)
11:30

13:10
 
13:20

15:00
15:10
~16:50
17:00

18:40
18:50

20:30

023 夏に鍛える数学Ⅲ(江川)

理系志望の人にとって、微分法・積分法の出来は合否の大きな鍵を握っています。微分・積分法の出来で合格大学のランクが上下するといっても過言ではありません。本講座では、微分法の重要項目である極限、曲線の接線、関数の極大・極小、最大・最小問題、方程式・不等式への応用等について、標準問題を通してまとめあげます。さらに、積分法については土台となる基本公式および置換積分法・部分積分法を学びます。積分法は計算力がつけば応用問題を解く完答能力が数段高まります。講義ではそのコツをいろいろと伝授したいと思います。
さあ、夏のがんばりを2学期へうまくつなげましょう。

022 夏に鍛える数学Ⅱ・B (上谷)

本講座では、共通テストをはじめ各入試で数学Ⅱ・Bで高得点を取ることを目標とします。数Ⅱは、式と三角関数・指数関数・対数関数・図形と方程式・微分・積分、数Bは、数列・ベクトルの「基本の定理や公式」の確認をし、更に、1つ上の力を身につける「解法のセンス」のマスターを主目的とし、夏に絶対学ぶべき頻出かつ重要問題を通して、定理および公式の使い方と解法のヒミツを伝授します。最新の入試問題で、実力UPを目指しましょう。文系の人の受講も大歓迎です。大いにこの夏自分を鍛え、実りある秋を迎えましょう。

042 高校化学(松田)

本講座では高校化学の基礎を勉強します。高校化学を学んだことがない方、学んでから長いブランクがある方など基礎の基礎から高校化学を勉強したい人のための講座です。獣医学科志望の方、家政・栄養系学科志望の方に適しています。授業では基礎事項の説明と問題演習を行い、化学の基礎力を養成していきます。化学が全く分からないという方も基礎からしっかりと指導していきますので安心して参加してください。

Ⅳ期(8月15日~8月19日)
11:30

13:10
 
13:00

15:00
15:10

16:50
17:00

18:40
18:50

20:30
>

007 難関私大英文法(森)

難関私大受験生を対象に、出題頻度の高い問題形式・文法・語法の受験生の弱点補強を予定しています。問題演習が中心となりますが、この夏しっかりと問題を取り組み、2学期の追い込みに向けて有意義な時間を過して下さい。なお、国公立の個別試験対策にもなります。

011-【2】 夏の特別講座②志望理由書・小論文講座(宇佐美)

総合型・推薦型入試は、「志望理由書」「小論文」「面接」がポイントです。
この三つを課す試験は「人間重視型」です。一般入試は君の ″いまの学力″ を問いますが、総合型・推薦型入試は ″これからの君″ を問う試験です。
大学入試が受験生に求めている要素の中心は、「進学目的、学習計画、将来像」と「主体性、多様性、協働性」です。「自己分析」を学問や職業、志望校と「マッチング」させる。それを具体的に表現する。文章の書き方と面接対策を学びます。ちょっと格好いい大学生の君をイメージできれば、受かります。

006 夏に鍛える基礎英作文法(田中)

国公立2次対策、私大の条件英作文、整序問題の解法の基礎を確認し、演習で補強する弱点補強講座です。
2学期からの本格的な実力養成演習に入る前に基礎を是非とも確認しておきたい受講生来たれ。

013 夏に鍛える漢文(鈴木)

共通テスト国語の配点の4分の1を占める「漢文」です。合格を願う以上、何としても40点以上の得点が必要です。しかし、決して難しいことではありません。基本的な漢文読解力さえ身につけてしまえば、「漢文」ほど高得点がとれるものはありません。
1学期で学習した事項をふまえて、この夏の5日間で徹底的に基本的事項をマスターしてしまおう。
「前金平安」のため「乞請来、請来!」

014 夏に鍛える古文総合(鈴木)

物語・随筆など、入試頻出の平安文を教材に、文法力を駆使して共通テスト、および難関大入試に対応できる解釈力を養成することを目指す講座です。文法に即した正確な読解力こそ古文を得点源にするキーポイントです。全力で予習をして、集中して授業を受け、演習問題に取り組み、復習でしっかり実力を身に付ける。このサイクルが得点力アップにつながるのです。
暑い夏、フーフー言いながら、来春の合格を目指してがんばりましょう。古文の楽しさ、ちょっとわかってもらいたいと念じています。全力をあげてがんばって下さい。

Ⅴ期(8月22日~8月26日)
11:30

13:10
 
13:20

15:00
15:10

16:50
17:00

18:40
18:50

20:30

夏期講習会費

入学相談では、現在の学力や志望校を確認しながら、コースのご提案もさせていただきます。

夏期総合コース

総合科は時間割の講座がすべて受講できます。多くの講座を履修して、総合的に学力アップを目指す方にお勧めです。

  校外生 校内生
授業料 60,000円 30,000円

夏期単科コース(個別除く)

単科は、特定の科目に絞って履修したい方に向いています。※4教科以上履修する場合は「総合コース」をオススメします。

    校外生 校内生
授業料 ~500分 20,000円 10,000円
合計   授業料の合計額

今年度、初めて受講される方

  • 受付申込時、証明写真を1枚持参してください。

校内生(高3・高卒・社会人)の方

  • 校内生の方も、入会申込書でコースを選択し、受講講座番号 に○(マル)を付けて提出してください。

当校SUS部生の方

  • SUS部生の受講に関しては、校内生(大学受験科在籍)に準じます。

入会手続き

夏期講習からの入会希望者は、専任講師による面接・説明を受けてから入会手続きをしてください。

①学習・入学相談

時間|月~土:12:30~

場所|中央ゼミナール1号館1階大学受験科教務室

※学習・入学相談は、事前に専任講師のスケジュールをお問い合わせの上、ご来校ください。

②入会手続き

時間|月~土:11:30~13:15/14:00~19:00

※13時15分~14時00分は、昼休みにつき受付を一時休止します

場所|中央ゼミナール1号館1階受付窓口

※上記時間外や日曜・祝日の相談や手続きをご希望の場合は、事前にご連絡ください。