シラバス<Ⅱターム>

工学部・理工学部志望者は英語+数学+理科の選択に加え、必要に応じて理系小論文を受講してください。理学部志望者は英語+専攻科目、農学部は英語+生物+理系小論文、歯は理系小論文、医は英語+理科+理系小論文が基本のかたちで、志望大学によっては科目を追加します。薬は、英語+高校レベルの数学+高校レベルの化学+小論文になります。個別指導での対応を検討しますのでご相談ください。

添削英語講座

編入・転部・社会人入試では多くの大学で、大学院・学士編入ではほとんどの大学で、全文和訳、下線部和訳、内容要約が出題されます。添削英語では、皆さんが和訳した答案を添削した上で、その英文の①構文の取り方、文法的な注意をし、②英文の背景にある考え方の説明、専門用語の意味、訳し方を解説し、③日本語にする際の注意、和訳のテクニックにも触れます。

和訳中心の形式でない大学でも、英文の内容をみると大学入試に比べて専門性が高く、精読が要求される傾向にあります。実際に英文を時間内に訳した上で講義を受ける授業形式は、精読の練習にも最適です。

教材は、編入・転部・社会人入試・大学院で出題された、実際の過去問題を使用します。

理系の添削英語

801 理系の添削英語

|土|17:30~19:10

理工農系各学部・学科受験者および、大学院入試で理系基礎科目を使う受験者を対象とします。タ−ゲットは主に国公立大学で、東大・東京工業・東京農工・神戸・岡山・北海道・岐阜・大阪市立、他とします。私立大学では東京理科大ほか、薬学部や獣医学部学士入学志望者も含みます。

なお、お茶の水女子・筑波・東京農工・横浜国立・京都他の大学では英語試験にかえてTOEIC・TOEFLのスコア提出を求められます。TOEIC対策講座で得点力をつけてください 

BSレベルの問題からスタートしますが、多様な学生のニーズ合わせ、自然科学に関連した文章を通じて理工農系の専門知識を深めながら、基本的な英語力、答案作成力の向上を図ります。

理系専門講座

数学過去問演習<国公立>

814 数学過去問演習<国公立>

|日|12:30~14:20

ラストスパートです。Ⅰタームまで積み上げた知識を完全にまとめ上げて、国公立大の編入試験に向けての万全な準備を行います。人気の高い東京農工大、電通大、神戸大、埼玉大、京都工芸繊維大など、標準的な問題を出題する大学に絞って過去問を演習します。編入試験は何年間にもわたって同じ内容の問題を出題する大学が多いので、過去問対策は極めて有効です。

毎回の授業の前半で過去問を解いていただき、後半でその解答・解説およびその周辺を学びます。本講座でしっかり対策を講じたら、あとは「自信・度胸」です。頑張っていきましょう。

数学過去問演習<難関大>

815 数学過去問演習<難関大>

|日|14:35~16:25

Ⅰタームまで積み上げた知識を完全にまとめ上げて、編入試験で合格点が取れるための万全な準備を行います。筑波大理工系およびお茶の水女子大・新潟大などの国公立理学部数学科の過去問に絞って演習します。

 

編入試験は何年間にもわたって同じ内容の問題を出題する大学が多いので、過去問対策は極めて有効です。毎回の授業の前半で過去問を解いていただき、後半でその解答・解説をして、合格答案作成のコツをつかみ取っていただきます。

   

自信をもって本番に臨める実力を養成しましょう。最後まで粘り強く頑張りましょう。

数学<複素解析>

816 数学<複素解析>

|水|17:30~19:10

複素解析は履修していない、という人もいるかも知れません。しかし特段難解な内容というわけではなく、高校数学や微積分・線形代数などの基礎がしっかり掴めていれば編入試験や大学院入試で得点を稼げるようになることも十分可能です。過去問を使った演習を行いながら、基礎力をつけることと、編入試験の傾向に基づいた実戦力をつけるための授業を行います。皆さんの解答を見ながら、効率的かつ集中して実力アップできるよう勉強法などについてもアドバイスを行いたいと思います。

時間の少ない中、大変だと思いますが、専攻によっては複素解析が重要な基礎になる場合もあります。目指す専門へ進むことをイメージしながら、頑張っていきましょう。

この講座は、5/11、5/18の全2回です。

数学<確率統計>

817 数学<確率統計>

|水|17:30~19:10

ビッグデータが活用される現代において、確率や統計は理工系はもちろん、金融や教育学など、ほとんどの分野で必要とされます。編入試験や大学院入試ではそんなに高度な統計学の能力が要求されるわけではありませんが、統計的な考え方や基礎の理解ができているといないとでは試験の出来に大きく差がつきます。編入試験レベルでは問題の形式にそれほどバリエーションがあるわけではありません。

集中して勉強すれば短期間でマスターすることも十分可能です。過去問を解きながら解法のスキルを磨き、基礎の理解を固めましょう。統計の考え方や概念は、意外に技術者などでも正しく知ってはいないものです。恥ずかしがることはありません。初歩から進めていきましょう。

この講座は、5/25、6/1の全2回です。

化学過去問演習<国公立>

824 化学過去問演習<国公立>

|木|17:30~19:10

理系編入試験によく出題される分野を中心に、基本から応用までを授業していきます。中和や酸化還元、有機合成反応のメカニズムを理解することで、反応全体が身近なものになります。また、熱化学、反応速度、化学平衡の理論を、具体的に計算することで、内容の理解を深めることが出来ます。

中堅国公立大工学部、農学部(筑波生物資源含む)の問題を中心にした過去問対策講座です。

基本的な問題から編入レベルの問題までを、着実に解いていくことができるように、本講座は工夫されています。しっかりと基本を身につけてから、少しずつ難易度のステップを上げていくことで、効率よく学習できるはずです。

本タームでは、受講者の理解度・志望大学にあわせて〈直前対策〉を指導してゆきます。

化学過去問演習<難関大>

825 化学過去問演習<難関大>

|木|19:20~21:00

難関大学対策講座です。授業では、過去問の解説からはじめて,具体的に問題演習をおこなっていきます。自分で解いてみることで,きちんとした実力が身につきます。

 

さらに,「授業の過去問と類似した課題問題→自宅で解く→次回の授業での添削・解説をうける」の流れの中で合格への力ができるはずです。

志望大学の出題する問題の特徴・対策を伝えていきます。お茶大理学部化学科、神戸大理学部化学科、筑波大化学類など、上位国公立の理学部化学科の問題を扱う過去問対策講座です。

物理過去問演習<国公立>

833 物理過去問演習<国公立>

|金|17:30~19:10

本講座は、農工大、電気通信大、横浜国立大、首都大、埼玉大、北大、新潟大、神戸大、九大など国公立大への編入、転部転科、学士入学を目指す方々を対象とします。多くの大学で中心的に出題される過去問を用いて、力学、電磁気に重点を置き懇切丁寧に授業し、大学教養物理の範囲までに頻出される、慣性モーメント、回転運動方程式、角運動量保存、ベクトル解析、ポテンシャル問題、コンデンサー回路、過渡現象、ビオサバールの法則、アンペールの法則、電磁誘導、コイル、マックスウエル方程式等まで含めて、実践力を完成させます。

教材は、教室においてそのつど配布する上記のような志望者の多い大学の過去問、重要事項解説のプリント等を用います。毎年多くの人が志望を実現させています、物理を勉強する人全員が受講してください。

物理過去問演習<難関大>

834 物理過去問演習<難関大>

|金|19:20~21:00

 本講座は、東大、東工大、筑波大、東北大、大阪大など国公立大への編入、転部転科、学士入学を目指す方々を対象とします。多くの大学で中心的に出題される過去問を用いて、力学、電磁気に重点を置き懇切丁寧に授業し、大学教養物理の範囲までに頻出される、慣性モーメント、回転運動方程式、角運動量保存、ベクトル解析、ポテンシャル問題、コンデンサー回路、過渡現象、ビオサバールの法則、アンペールの法則、電磁誘導、コイル、マックスウエル方程式等まで含めて、実践力を完成させます。

教材は、教室においてそのつど配布する上記のような志望者の多い大学の過去問、重要事項解説のプリントを用います。毎年多くの人が志望を実現させています、物理を勉強する人全員が受講してください。

物理<波動>

835 物理<波動>

|月|19:20~21:00

 本講座は、入試科目に波動が必要な方々のために、波動方程式、光、音波の干渉、薄膜の干渉、定常波、光の回折、電子回折、回折格子など波動に関する大学教養物理の範囲までを含む頻出過去問題を中心に、必要に応じて高校物理まで立ち返って懇切丁寧に授業し、実践力を完成させます。特に干渉、回折問題は、苦手としている人が多いので、そこを狙ってよく出題されます。必要な方全員が受講してください。

教材は、教室においてそのつど配布する、志望者の多い大学の過去問、公式、重要事項解説のプリント等を用います。毎年多くの人が志望を実現させています、波動を勉強する人全員が受講してください。

この講座は、5/9、5/16の全2回です。

物理<熱力学>

836 物理<熱力学>

|月|19:20~21:00

本講座は、入試科目に熱力学が必要な方々のために、熱量、仕事、内部エネルギー、カルノーサイクルを含むサイクル変化、断熱変化、ポアソン公式、熱効率、熱力学第1法則、エントロピーなど熱力学に関する大学教養物理の範囲までを含む頻出過去問題を中心に、必要に応じて高校物理まで立ち返って懇切丁寧に授業し、実践力を完成させます。

教材は、教室においてそのつど配布する志望者の多い大学の過去問、公式、重要事項解説のプリント等を用います。毎年多くの人が志望を実現させています。熱力学を勉強する人全員が受講してください。

この講座は、5/23、5/30の全2回です。

生物過去問演習<国公立>

844 生物過去問演習<国公立>

|土|12:30~14:20

編入試験が3か月後に差し迫った段階では,受験する大学の過去問を数年にわたって直接あたっておけば,これほど心強いことはありません。扱う大学は,信州大学,茨城大学,新潟大学,静岡大学,金沢大学,岡山大学,三重大学,岐阜大学などの主に農学部や生物資源学部の問題を授業で解答していきます。その際,解答にいたるプロセスを丁寧に説明していきます。

何に着眼してそれをどのように答案に反映させていくかを授業の中で解説していきます。問題は1週間前に渡しておいてそれを予習してくることになります。自分の答案で何が不足しているのかを感じ取っていただければそれで大きな進歩になります。また字数の長い論述答案では,キーワードが何か,それを例示して具体的な答案を示していきます。

生物過去問演習<難関大>

845 生物過去問演習<難関大>

|土|14:35~16:25

ターゲットとなる大学は筑波大学生物資源,お茶の水女子大学理学部,神戸大学理学部生物学科などです。これらの大学の過去問を2年ないし3年分を実際に解答例を示して授業を進めていきます。1週間前に過去問を渡しますので,それを授業のときに自分で解答を作成して授業に臨んでください。問題のレベルがやや高くなりますから,自分で解答ができなくても構いません。授業でどのようなプロセスで解答に迫っていくかを理解しましょう。

解答をただ示すのではなく,解答にいたる過程が見られるので,その問題だけではなく類似の問題でも同じ手法が使えるのでそれを自分のものとしましょう。

専門科目・小論文講座

理系分野の編入試験で小論文を課すのは、おもに農学系、医歯薬系、情報系、環境系、建築系です。また、ここで紹介している小論文講座以外にも、中央ゼミナールには基礎から小論文を勉強する講座が設置されています。小論文が苦手な方、文章を書く経験が少ない方は、併せて受講してください。

理系小論文

852 理系小論文

|土|19:20~21:00

理系小論文を基礎から学ぶ講座です。授業の前半50分でその日の学習内容を解説し、後半50分で答案を作成し提出するという形式となります。答案は添削して翌週返却し、解答・解説を行って、どのような点を改善すべきかを見直していただきます。

理系の小論文は、一般に少ない字数に論理的に考えを論じ、説明していくことが求められます。小論文といってもあくまで「論文」です。この講座で文章の書き方の基本、構想の練り方などを説明します。また、細かい表記・表現上の注意点なども、答案返却の際に確認します。また、理系小論文の多様な出題タイプへのアプローチの仕方についても、順次講座の中で触れていく予定です。科学的トピックについては、受講生の志望を考慮して、なるべく広範囲に扱っていくことになります

Ⅰタームと同様、前半の50分で解説・解答、後半50分が答案作成です。理系の試験日が迫っている時期なので、過去門やそれに準じた設問を用意し、理系学部・学科で頻出のテーマを取り上げて、理解を深めるための知識の強化に努め、問題意識の深化も図るつもりです。Ⅱタームから引き続いて、出題パターン毎の答案作成練習を重ねていきます。小論文は反復練習を重ねれば必ず上達します。このタームから参加の方も、基礎から復習しますので、安心してご参加ください。

情報学

861 情報学

|水|19:20~21:00

 難関大学の編入試験では、情報科学問題は非常に難解になります。本講座では、コンピュータの中で持つデータ構造や論理回路など、比較的知識や基礎的解法に習熟することで解ける問題については問題練習を行いながら方法論を示し、プログラミングに関するデータ構造やアルゴリズムなど独学の困難な内容については過去問を使った授業で、必要に応じてプログラミングも実践しながら、皆さんの理解と習熟を助けていきます。

難問ではプログラムを書く能力とソースコードを読む能力、そしてSNSやデータのソートなどでよく使われるデータ構造やアルゴリズムの知識が重要になると共に、勉強を進めるためには「手を動かす」ことが差をつける決め手になります。疑問があればどんどん講師にぶつけてください。

Ⅱターム