2009(平成21)年度|理系コース合格者インタビュー

新年度版パンフレット(紙媒体)には、最新年度の合格者インタビューを掲載しています。是非、パンフレットをご請求の上、ご覧になってください。

埼玉大学工学部機械工学科3年次編入合格

篠田さん

埼玉大学工学部。みごと合格できたのはなぜだと思いますか?

筆記試験ができたからだと思います。わからない問題はなくて、一個間違えたなって後から見て思ったのがあったなって感じ。ただ、面接では本当は落ちたと思いました。

なぜ落ちたと思ったんですか?

それ今の大学でもできるんじゃないの?って言われたんですよ。どう考えても自分の学校でもできるんですが…。要するに筆記で得点することが大切ですね。

機械工から機械工への編入ですよね?何か分野を選ぶ段階で考えたことはありますか?

最初の段階ではちょっと夢もあって、建築デザイン系も考えてたんですよ。でもデザインの先生にたまたま直接会う機会があって、デザインをやるなら機械の学部を出てからにしたほうがいいよってズバッと言われて。それなら機械を4年で終わらせるのもありなのかなっていう感じでしたね。

中ゼミに来て良かったと思うところはありますか?

周りに同じことやってる人がいるんで、自分で勉強するよりスケジュールを立てやすいってことです。

不合格になった大学もあるということですが、なぜだと思いますか?

得意科目の数学で失敗したことが原因だと思います。みたことがある問題なのにできなかったんです。前日に間違いなく中ゼミの江川先生のテキストで見ていたんですよ。ただ、これは今いいかと思って自分で判断して飛ばしたやつがいきなり出て。もう、それに関してはすごい後悔がありますね。英語は自分の力を100%出せたんじゃないかと思うだけに悔しいです。受験では手を抜いてはいけないですね。

勉強の方法やスケジュールとかを聞かせてもらえますか?

使える時間は全部自習室で、いやになるほど勉強してるって感じでした。基本的には中ゼミでもらったテキストとプリントをやってました。あと数学では江川先生の出した本を、本人に会う前に買っていて、中ゼミに来たときに「あれ、この人じゃん!直伝してもらえる!この人に質問すればこの本のことは分かるんだ!」と思って。基本的には江川先生の微分積分と線形代数。あとはもらったプリント問題をひたすらやってました。数学に関しては江川先生が間違いないですね。先生にやれって言われた事をやっておけば受験には問題ないです。

宇都宮大学農学部農業環境工学科3年次編入合格

大久保さん

おめでとうございます。元は通信制の大学でしたよね?

通信とは違うんですが、インターネット制の大学で、実際に先生と連絡を取ることもできるし、顔を見て質問をすることもできる大学です。

なんで編入しようと考えるようになったんですか?

自分のやりたいことと違うなと思い始めたのと、もう少しいい大学にいけたらいいなと思い始めて。勉強できるのは今の時期だけだと思うので、もう一回ぐらいチャレンジしたいと思うようになったんです。

いつ頃から勉強し始めたんですか?

去年の10月ぐらいに思い立って、Ⅲタームの終わりぐらいから中ゼミの次年度受験者コースに在籍しました。みんなが去っていった頃に入学した感じです。(笑)最初は高校数学と英語と生物から始めました。

年間の勉強のスケジュールとしてはどのように考えていたんですか?

高校でやったことで忘れてしまっている部分を思い出す必要があったので、数学を1月いっぱいまでに一気にやりました。英語の文法も基礎から、生物も勿論高校生物からやりました。全体としては2月ぐらいまでは高校の復習、それ以降は編入用の勉強という流れで無理やり間に合わせた感じです。

中ゼミを選んだ理由は?

実は私も塾でアルバイトしているのですが、そこの仲間に今の学部の勉強が納得いかないって話したら、編入という方法があり、編入なら中ゼミがいいという話を聞いて、インターネットで調べてみたら一番最初に出てきたのが中ゼミだったんです。それで評判よさそうだったのでほかは回らず決めてしまいました。

印象に残った授業はありましたか?

英語の先生はみんな分かりやすかったので、自分でもできるようになったと思っています。あと生物の先生もご指導が細かくて分かりやすかったし、質問もしやすかったです。入学当初は全くついていけなかったんですが、そこでまずいと思って頑張りました。そしたら、先生から配られたプリントを解けるようになってきて、それで学力が上がったと実感しました。

Ⅱターム最後のほうでは添削英語の点数はどのくらいまで行きましたか?

点数は覚えてないんですが、廊下に成績上位者で張り出されるくらいまではとれていました。

受験でつらかったことはありますか?

受験間際になって、とりあえず逃げたいという思いにかられてしまいました。勉強しなきゃというプレッシャーと自分で言い出したから落ちたらどうしようとか。でもここまでやったんだからってことを考えたらもう一度やってみようって気になりました。

では最後に後輩にひとこと。

やりたいと思ったことは、その時に絶対やったほうが良いです。がんばってやり抜けば、結果はついてきますよ。

早稲田大学創造理工学部建築学科3年次編入合格

佐藤さん

少しお時間が経ってしまいましたが、合格してみていかがですか?

私は学士の編入で、社会人を10年以上も続けていましたから大学に行くこと自体あまり考えていなかったんですが、とにかく建築をやりたくて、それがかなったので単純にうれしいです。

元々はどんな学科だったんですか?

生物学科です。大学を卒業したのは10年以上前で、仕事は全く関係ないことをやっていましたから、生物といってもほとんど生物に関することは頭にない状態でした。ほんとに新しいことを始める意識での学士編入です。

中ゼミではどの授業を?

数学と英語です。完全に早稲田に照準を合わせていました。特に数学が素晴らしかったです。実は別の予備校で数学の基礎的な部分は押さえていまして、より受験を意識した実践的な授業という意味で中ゼミの数学は非常に役立ちました。建築学科の合格者の全ては中ゼミ生でしたから、今でも一緒に編入した仲間とは「あの数学の授業のおかげだった」と話しています。

英語はいかがでしたか?

英語は逆にジェネラルな範囲のものを受講しました。明治対策の英語が役に立ちました。実は私は帰国子女だったので、英語は比較的できるほうなんですが、そういった一般的な受験英語を思い出す意味での受講でした。

編入して半年以上、学生生活に戻ってみた感想は?

昔学生だった頃はとにかく遊んでいた印象なのですが、編入学の場合1・2年の必修を一気に履修するのでものすごく大変です。勉強というよりもトレーニングという感じですね。認定単位も40単位ぐらいでしたから結構厳しいです。

3年次編入ですが2年で卒業出来そうですか?

建築学科の特性として必修が多いということがありますから、学士で理系から入学しても卒業までに3年はかかります。最後の1年は卒業制作だけだとは思うんですが…。

授業を受けること以外に予備校にきてよかったことは?

モチベーションの維持ですね。私は社会人として生活する中で、まわりには受験勉強はおろか勉強する人もいないので、家で勉強しても受験生であるという実感がわかなかったんですが、若くても同じことを目指している人たちがいるということに刺激を受けましたね。

それでは、早稲田を目指す方へのアドバイスを。

受験は戦略です。何を求められているのか、どのような傾向なのかを把握せずには合格はありません。数学や英語は普通に大学生をやっている人たちに比べるとハンディが大きくて、その人たちと同じような点数を取るためには正しい戦略を立てなければダメだと思うんです。早稲田に関しては、何問出て何問解くべきなのか、何が出るのかを把握していたことが非常に大きいです。過去問題の分析は自分で行うことが一番重要です。そして試験時間の60分をどのように過ごすべきなのかを考えることですね。

東京農工大学工学部応用分子化学科3年次編入合格

太田さん

文系からの理転で東京農工大合格ですが感想はどうですか?

僕の場合は中ゼミに4月から入って7月に試験受けて合格だったので、あっという間だったというのが率直なところです。わからないことだらけで、本当に最初はヤバイなって感じでしたけど。でもやっぱりうれしいです。

理科も2科目あるし、大変でしたね?

化学は高校の化学の範囲で結構いけたんですよ。理系に行くつもりで高校のとき化学Ⅱまでは授業はやっていて、だから化学Ⅱは余り勉強していないんです。英語も添削英語の授業に毎回出て、電車の中で単語だけは覚えたという感じです。基本は物理と数学だけ頑張ってました。だから、文系出身者もいけますよ。

心強いですね。予備校に通い始めようと思ったのはいつ頃でしたか?

2月、3月ぐらいですかね。予備校の選択肢が編入って時点であまりなくて、家が横浜なんで、ほんとは横浜で探したんですけどいいところがなくて。そんなとき本屋さんで『まるわかり大学編入』をみて、中ゼミに来ました。

文系から理系に変えようとしたきっかけは?

もともと高2まで理系のつもりでいたっていうのが一つです。結局文系に進んだんですが、マルチメディア文化科ってとこで、でもこの分野で就職したくないって思って…。どういう仕事したいかなって考えたときにやっぱり理系なのかなって。

中ゼミでは何か印象に残った授業ありますか。

やっぱり数学と物理です。毎週質問しまくってたんで。なにしろ最初から全然わからないんですよ。何が必要で、何がわからないかってことを授業で確認して、家でわからないとこを勉強して、それでもわからないところを次の週に聞いて、また新しいわからない分野の話を聞くってスタイルでした。それじゃないと短期間で学力をあげるのは難しいです。

自習は自分で用意した教材ですか?

数学も物理も先生が書いたテキストは文系出身者の僕にとってはかなり難しかったですが、結局そのレベルの問題が解けないと合格はないと思っていたので、何度も繰返しやりました。あとは過去問題を研究して、出そうなところを重点的にやることですね。

中ゼミで友達と一緒に頑張ったりとかしましたか?

あんまりそうゆう友達づきあいとかしないタイプで通しちゃいました。友達っていうか、名前も知らないぐらいなんですけど、声かけたり、かけられたりとかして…。それだけでも十分刺激を受けることはできました。

最後に何か後輩にむけてあれば

自分のここに行きたいって目標が、本当に行きたいのであれば、結構誰でも頑張れると思うんですよ。だから、もし頑張れなかったら目標をもう一回見直してみるといいと思います。中ゼミの先生と面談して、頭の中を整理してみるのもいいですね。

獣医学部座談会

竹川さん、苫篠さん、橋本さん

みなさん無事に合格したわけですが、何故合格できたと思いますか?

竹川 一番行きたかった大学が最後の試験だったからだと思います。他の大学を受けたことによって自分に何が足りないのかとかどこを直せばいいのかってことを準備してから臨めたんです。

苫篠 麻布の面接のときに、面接官の先生と笑いがあふれる感じになってしまって、まずいなって思ったんですけど、笑いで全てが丸く収まって、それがよかったのかな。(笑)

面接練習ずいぶんがんばっていたし。つまりリラックスして臨めたということですね。みなさんはいつ頃から中ゼミに?

竹川 私は今年の2月だったと思います。

苫篠 私は4月過ぎ。

橋本 私も4月です。

最初から予備校には行こうと決めていたんですか?

竹川 最初は行かなくてもいいかなと思ってたんですけど、やっぱりちゃんとしたカリキュラムのもとで学ばないと、結局全部自己満足で終わるんじゃないかと思って。

苫篠 私は最初一般入試の予備校に入ろうと思っていました。そこで、学士なら編入もあるよって言われて。それで本屋で参考書を探していたら、中ゼミの編入の本『まるわかり大学編入』があったんで、じゃあ行ってみようかなって。

橋本 いろいろ予備校を回ったんですが、中ゼミの先生からはチャンスはあるから頑張りなさいみたいに言われたんで。

中ゼミにきて印象に残ったことは何ですか。

竹川 面談がすごく役立ったことです。私は合格したい、気に入られたいの一心で、長所とか短所とか一生懸命考えていたんですよ。3校ぐらい落ちたあと中ゼミの先生と相談をしたときに「あなたは獣医師になって結局何がやりたいの?」って聞かれて、答えられなかったんです。その一言がグサッときたんです。それで何で獣医になりたいのかを考えたんですよ。そしたら見失っていたものが見つかって、面接の時に正直に言うようにしたら、うまく伝わったんです。だから私は中ゼミに凄く感謝してます。

予備校には何を求めていましたか?予備校でこうゆうことできたらいいなとか、こうゆうこと教えてもらえたらいいなとか。

苫篠 私はテキパキする人間じゃないので、ペースメーカーの役割を期待していました。実際に予備校にきて授業に出ることで、最低限これやって、宿題をやって、小論文の再提出をして…みたいな感じでノルマをクリアしていく受験生活ができたと思います。

竹川 私はどう勉強していいのか何を勉強していいのか全然わからないので、まず情報を求めてました。実際一人で勉強している時は、自分ではこれで良いと思っていたことが、本当はそれ以上に勉強しないと受からないって、中ゼミに来てわかったんです。あと、予備校で何を勉強したらいいのかを的確に教えてもらえることが大切だと分かりました。

橋本 私も同じような感じで、規則正しい生活と勉強方法、それに情報ですね。自分じゃわからないところを見てもらって、足りない部分を教えてもらいたいっていうのもありました。悩んでいることにたいして相談に乗ってほしかったのもあります。

なるほど。その求めていたものは中ゼミにありましたか。

竹川 中ゼミには確かに何でもそろっていますが、利用するのは結局自分なんですよね。最後は自分のがんばり次第ですが、それがわかったのも中ゼミのおかげです。

苫篠 予備校には確かに規則正しい生活がありました。でもそれだけじゃなくて、先生の叱咤激励に刺激されて、自分もやらなきゃいけないんだって、やる気を起こさせることもできたんだと思います。

みんなは何で獣医になりたいんですか。

竹川 大学を卒業してなにをしようかと思ったときに、ポンと飛び込んできたのが獣医師の仕事だったんです。水族館のイルカとか鯨とか、海ガメとか魚とか、いろんな動物を見れる獣医師になりたいと思って獣医師を目指したんですけど、そう思ったのは直観的に魅力を感じたからなんです。専門的知識もあって、研究もできますし、知識に対する憧れもあって。結局最後は直観だと今は思ってるんですけど。

橋本 私は昔からの夢だったからです。いろいろと志望理由は考えましたけど。

それじゃ最後の質問ということで、受験のコツを教えて下さい。

竹川 みんなに言えるコツはないと思います。自分もずっと探してましたけど、その答えは誰も与えてくれないし、自分で見つけるしかないと思うんですよ。私は自分の本当の弱みは何だろうとか、人にさらけ出したくないところは何だろうとか、自分自身の研究に走ったんですよ。自分の嫌な部分も、良い部分も、強い部分も研究し尽くして、最後に完全じゃない自分に誇りを持って面接にいけるようになったことが一番よかったと思うんです。

苫篠 自分が受験生なのかフリーターなのか浪人生なのかよくわからない存在だったんで、へこんだこともあるんですが、それを引きずらないでリフレッシュできたことがコツになるのかなぁ。息抜きをしつつも絶対やらなきゃいけない課題とかは絶対やるとかの根性。息抜きと根性で乗り切ればいいんじゃないかなって感じでした。

コツなんて無い、努力あるのみという解釈でよいのでしょうか。みんながむしゃらに頑張っていましたからね。おめでとうございます。