東北大学工学部情報知能システム総合学科3年次編入合格

信州大学理学部物理科学科3年次編入合格

金沢大学理工学域数物科学類3年次編入合格

茨城大学理学部理学科3年次編入合格

重野さん

中ゼミにはいつごろから入学しましたか?

最初に来たのは3月の初めだったと思います。Ⅱタームの最後に来て授業録画のDVD視聴で勉強しまくってました。

高専を3月に卒業したんだったね。DVD学習はどうでしたか?

すごく役に立ちました。去年自分で勉強しててわからなかったところの解説がとても詳しくされていてよかったです。

東北を志望したのはなぜですか?

応用物理学コースってところで、物理学と工学の両サイドから攻められるってところですかね。

中ゼミの寮で生活していましたよね。寮生活はいかがでしたか?

比較的暮らしやすかったです。必要なものは近くにそろってましたから。

中ゼミに来て何が一番良かったですか?

授業がわかりやすかったことです。受けた授業はすべてよかったです。

合格の要因は何だと思いますか?

東北に関しては完全にTOEICですね。化学はよかったけど、数学と物理が全くダメでしたから。

面接の手ごたえはいかがでしたか?

いまいちでしたね。卒業研究の話はきちんと答えられましたが、口頭試問ではわからないことがたくさんありました。

そのほかに勉強法などで、合格の秘訣は?

TOEICに関してですが、何度も受けることと、単語の力ですね。僕はターゲットの単語熟語をがんばりました。

物理の勉強についてアドバイスはありますか?

わからないことはとにかくすぐ聞くことです。夏期講習は、扱ってもらいたい大学の過去問をリクエストできたりして、かなりフレキシブルな授業でした。
あと、数学の勉強が絶対に必要です!物理現象を表現するのには必ず数式が伴いますからね。

浪人生として、1日のスケジュールは?

とりあえず起きたらTOEICのリスニングをしながらご飯食べてましたね。あとは授業時間以外は自習室で授業の予習してました。

受験対策の計画を立てたりはしてましたか?

いいえ。授業の予習復習をやるだけで手一杯でしたね。

授業がペースメーカーになってたということですね。それでは最後にひとこと。

TOEICには単語!かな。あとは途中で挫折しないで頑張ってください。

筑波大学情報学群情報科学類3年次編入合格

岩岡さん

いつ頃から編入を考え始めたんですか?

最初に考えたのは高校卒業時ぐらいです。 実は大学入試でも筑波の情報を受けたんですが、落ちまして……それで、合格した今の大学に行くか、浪人するかを迷ったんですが、結局今の大学に進学しました。最初はコンプレックスみたいのを強く持ってましたが、入ってみたら意外と楽しくて、一度はもうこのままでいいなって思ったんです。
でも、12月くらいになって、改めて自分がこれからやりたいことを考える時があって、そしたら、また編入熱が上がってきたんです。

編入制度は高校の時から知っていたのですか?

はい、知ってました。一般入試で落ちて進路に迷ってた時に学校の図書室で『まるわかり大学編入』を見つけたんですよ。それでこの道もあるんだ!って思いました。

楽しい大学生活の中で、自分のやりたいことと違うから編入!って強く思えるきっかけはあったんですか?

うーん、特にこれと言ってきっかけと言えるものは無いんですが、やっぱり音の研究をしたいという昔からの夢があったことが大きいと思います。今の大学では音の研究ができないんです。

なるほどね。結局併願はしたんですか?

いいえ。してないです。いろいろ考えたんですが試験科目の都合で受けられませんでした。情報工学系だと試験科目に「プログラミング」や「情報基礎」が入ってくるともうアウトで……筑波はTOEICと数学・物理なんで、一本でいくしかないってなりました。

情報系の専門科目を勉強しようとは思わなかったんですか?今の学科も情報系ですよね。

たしかに学校の授業でそういうものもあったんですが、やっててプログラミングは特に苦手で、成績も不可寸前だったんですよ。だから編入受験も物理で受けるしかないなって。

TOEICの対策はいつ頃から始めました?

12月頃、編入を具体的に考えた時からですね。でも結局あんまり伸びず、2回受けて2回目で555点……。中ゼミでの授業も受けたかったんですが、学校の授業で行けずでした。

えっ!その点数で受かったんですか?筑波の時に周りの人たちの点数訊きましたか?

ちらっと覗き見したら、隣の人が650点でした。受かったかどうかは分かりませんが。

数学と物理がよほどできていたんですね。

としか考えられないですね。

数学と物理はどういう対策をしましたか?

基本は中ゼミの授業でやったこと中心でしたね。とにかくやった問題は必ず解けるようにすることを考えてました。あとは問題集を1冊ずつやりました。数学は『徹底演習』、物理は『基礎物理学演習』です。

中ゼミにはⅡタームからですけど、勉強はいつから始めてました?

12月から始めてました。この問題集でどんどんやってたんですが、やっぱりわからないところが沢山あって独学では限界があるなって感じて、予備校に行くことを決めました。 気付いた時はもうⅠタームの途中だったんで、きりのいいところからということでⅡタームから入りました。

Ⅱタームから入って、雰囲気に馴染めないとか、途中から入った感じとかはありましたか?

いや、無かったですね。割とみんな個々に勉強してる感じだったんで。

Ⅱタームから入ると、授業の内容的にⅠタームで終わった単元をどうすればいいんですか?っていう質問がよく来るんですけど、その辺はどうしてました?

ぼくは大学の先生をつかまえて聞いてました。江川先生や石川先生に聞くこともありましたが、いらっしゃらないことが多くて、大学の先生は大体いつでもいるので……。

合格できた理由は何だと思いますか?

なんで受かったかは自分でも分からないです(笑)。でも中ゼミに来て面接対策をしたことはかなり良かったです。どんなことを聞かれるかなんてさっぱりわからなかったし、志望理由書に何を書くべきかもわからなかったんで……。
あと授業では、独学ではたどり着けない様な問題の解き方を教えてくれたりするんです。それでずっと悩んでた問題が一気に全部つながったというか……。
でも、一番は「筑波に入りたい!」という意思ですかね(笑)。

志望理由書、面接対策はどうでしたか?

粕谷先生には本当に助けられました。最初に持って行った志望理由書はけちょんけちょんに言われた記憶があります。書き方云々の前に何を書くかという時点で分からなかったので。 あと、面接の30分前に大学のパンフレットを読んでる人がいたので、勝ったなって思いました。

では最後に後輩に一言おねがいします。

合格して入学するまでがゴールじゃないです。ってところですかね。 入ってから何をしたいかをきちんと考えずに、今の状況を脱したいだけでは結局同じことになってしまうと思うんです。

宇都宮大学農学部生物資源科学科3年次編入合格

山口さん

中ゼミに来てからもう1年経ちますね!

秋の講習から来てましたから、1年どころじゃないですよ。あのときの千頭和先生の講座で覚悟が決まりましたね。もう後戻りできないなって。

そうですか、フルコースで中ゼミに来てたんですね。いつごろから編入を考えてましたか?

今の大学に入ったころからですね。もともと意中の大学ではなかったし、入ってみたら違うなって感じてたので。

早めに決断したのがよかったんですね。やはり中ゼミに来なかったら合格できなかったと思いますか?

全くダメだったと思います。面接については特に。面接は特別苦手で粕谷先生の面接練習、時間の許す限り受けたんですよ。それで「完璧だね!」って言われて自信がついたんです。

実際の面接試験はどうでしたか?

○○先生の研究室に入りたいみたいな話をしたんですが、その先生今年で定年なんだよっていわれて、一瞬ハッとなりましたが、模擬面接でそのあたりの対策もしていたのでうまく切り抜けられました。

他に中ゼミに来てよかったことはありますか?

合格者を囲む会でいらしてた方が、とにかく面談はたくさんした方がいいっておっしゃってたので、いっぱいやりました。
それ以外にも、その方は面白い話をしてくださって、モチベーションが上がりました。

そういう刺激が目的のイベントですからね。スタッフがいくら言っても届かないことでも合格者の一言だとすんなり届くっていう感じがあるのですよ。宇都宮の試験はどうでした?

英語が難しかったです。専門用語が多くって。でも生物の大森先生が「図説に乗っている生物の英単語は覚えた方がいいよ」って言っていたので、覚えていたんです。それがだいぶ役に立ちました。

中ゼミの英語は佐々木先生ですか?

はい。最初の秋の講習だけは千頭和先生ですが、あとはずっと佐々木先生です。佐々木先生から、TOEFLのリーディングの問題集を勧められて、それをやったらすごく伸びました。
廊下に高得点者の名前が出ますよね?あれで上位に入ることを目指してやってたんですよ。英語の力が伸びていくことが実感できましたね。

なるほど。中ゼミのシステムが山口さんにはぴったり合っていたんですね。

試験のときは自信しかなかったです。面接の自信がすべてだったと思いますが。

中ゼミはどこで調べてきたのですか?

ネットです。ほとんど決めた状態で入学相談に来てすぐ確定させた感じです。

単位認定はどうでしたか?

大変でした。全部自分でやらなきゃならないんです。どの単位にどの単位を振替希望をだすかとか、決まった様式に入れて申請するんです。「この講座ではこんなことをやった」とかのアピールも自分で記入しなければならないし、2つの講座で合わせて一つの単位に申請したり。そりゃもう大変でしたよ。

平均的にはどのぐらい認定されるのですか?

上限が全部で70単位で、そのうち専門科目が42単位、教養科目が28単位だったかな。

後輩に伝えておきたいことはありますか?

情報収集は早めにしておこうってことですね。宇都宮大は行かないと過去問も手に入らないんで私は早めに取りに行きました。
あとは、答案用紙は何でもいいから書いておこうってことです。後ろの席の人は英語はほぼ白紙でした。当然不合格になってましたけど。

学校と受験勉強の両立はどうでした?

友達に協力してもらった感じです。学校のことを少し友達に手伝ってもらったりしてましたから。

一日どのぐらい勉強してましたか?

3時間以上はやってましたよ。バイトもしていたんですが、4月からはやめてラストスパートを決めました!

勉強が楽しくなってくるとどんどん伸びると思うんですけど、山口さんは楽しくなる感覚とかありましたか?

ありました。小テストとか添削答案とかで名前が廊下に張り出されるために頑張ったり、小論文でAを取るとすごくうれしくって!
あとは中ゼミの友達と一緒に頑張れたのが良かったですね。彼女も国立に合格したんで、お互いに刺激を受けられました。大森先生の授業は、とても雰囲気がいいのでみんな仲良くなれる感じなんですよ。

競争の部分と同じ目的を持つ仲間としての部分がバランスよくあったということでしょうか。今日はありがとうございました。

神戸大学工学部建築学科3年次編入合格
千葉大学工学部都市環境システム学科3年次編入合格
京都工芸繊維大学工芸科学部造形科学域3年次編入合格

涌井さん

全勝ですね!おめでとうございます。はじめてきたときはどうなることかと思いましたが……。

やっぱりそう思ってましたか(笑)。まさかまさかの結果です。

それより私が気になったのは、そもそもこの人は受験資格があるのかというところですよ。

あはは!そこでしたか!?

でも中ゼミには本当に助けられました。ある程度受験できそうな大学に察しを付けてもらえましたから。もしそれがなければ、一つ一つ全部問い合わせなければならなかったと思うので。

なんか変わった経歴ですよね。イギリスに行ったことがないけど、イギリスの大学の学士を持ってるとか言ってましたよね。

そうなんですよ。専門学校とイギリスの美術系の大学が提携してるんですよね。でも問い合わせた結果、僕の持ってるイギリスのBAをつかって日本の大学への学士編入ができるところはありませんでしたね。当然大学院もNGでしたし……。

ということは専門学校卒の資格で受験したんですよね。中ゼミでよかったことは何ですか?

過去問の対策をやってくれたことですね。これにつきます。編入の問題は解答がないので、自分でやるには限界があるんですよ。やっぱり試験の傾向を見極めるには、解答を見る必要がありますから。
神戸大は、僕のほかにも志望している人がいたから、授業で問題を扱ってくれることも多くて、自然と解答が集まっていったという感じですね。 といっても、今年の問題はあまりよくできませんでしたが……。

何それ(笑)、英語と小論文とデッサンで稼いだということですか?

だと思います。英語はもともと得意だったので。5月ぐらいから何もしてません。

どうしてそんなに得意だったんですか?

IELTSの対策をずっとやってたからですかね。そもそも人文系の学部への留学を目指していたので、必然的に英語はできなければならなかったんですよ。

そのときの勉強が役に立ったということですね。

あとは小論文の対策は役に立ちました。デッサンはそれなりにみんなできるけど、小論文はノリではできませんからね。

中ゼミを選ぶ段階でほかの予備校を検討しましたか?

いいえ。寮があるってことと、実績を見て決めてました。他は考えませんでしたね。あとは、入学までの流れがスムーズだったこともあります。

では最後に一言。

ただただ感謝です。大学行ってないからとにかくゼロからのスタートだったんですよね。それを合格レベルまで持ち上げてもらったんで。理系の先生方のおかげです。