2018(平成30)年度|理系コース合格者インタビュー

新年度版パンフレット(紙媒体)には、最新年度の合格者インタビューを掲載しています。是非、パンフレットをご請求の上、ご覧になってください。

東京農工大学 工学部 生命工学科3年次編入合格

磯村さん

合格おめでとうございます。中ゼミにきたのはいつ頃でしたか。

初めて来たのは4月半ばで、すぐに入学しました。

他の予備校は検討しなかったのですか。

もともと、春休みまで編入するかしないかはっきりは決めていませんでした。入試まで時間がなかったし、親が中ゼミを見つけてきて受験をするなら行きなさいという感じで。

農工大工学部を志望したのはなぜですか?

大学受験で農工大に落ちたことが一番の動機です。大学受験はやりたいことよりも、合格することを優先したのであきらめられない気持ちがありました。

やりたいことは前から決まっていたのですか?

高校生の時から、がんの研究や創薬について勉強したいと考えていました。今の学科だと生物系のことに絡めて研究している研究室がないから、それができないなと思って。

農工の試験科目は英語と数学と生物、化学ですよね。生物は好きみたいだし、化学は学校で勉強していたし、英語はTOEICの勉強をしていたし、数学だけが手落ちだったってことですね。

大学の数学は基礎的な内容を勉強していて、編入試験に使うような難易度の高い問題を全くやっていませんでした。それは中ゼミに来ないと勉強できなかったなと思います。

具体的には、数学のどのような内容が役に立ちましたか。

微積は全体的に学校でも詳しくやってくれていたけど、受験の7月時点で線形代数は学校では基礎までしかやっていなくて、行列はゼロの状態だったので、中ゼミに来て教えてもらいました。

数学の先生に質問に行ったりしていました?

授業内で問題を解いて、解いている間に先生が回って聞きたいことは聞ける授業でした。授業では問題と略解をもらえたので、わからなかったことはその場で聞くことができて、先生が黒板を使って解説していた時には、だいたい理解できていたと思います。

他の中ゼミの授業はどうでしたか。

英語は、大学受験のときから出来なくて、理系の添削英語は和訳の再提出が役に立ったと思います。自分がわかっていないところかがわかったし、単語の意味をどのように訳したら良いのか確認できました。英語も本番はそんなに難しいなと感じずに解け、単語も分からない単語があっても前後から意味を推測できたし、和訳も難なくできました。再提出や単語テストをやっていたからだと思います。

農工の英語は非公表ですが、そこはどのように対策をしましたか?

山崎先生にアドバイスいただいた際に、農工大学の編入の英語はあまり大学受験の英語と変わらないよと聞いていたので、大学受験の過去問を使って勉強しました。

その対策は概ね有効だったということですね。生物、化学は?

生物は授業中心の対策です。忘れているところがあったから、過去問題を渡されて解いてく授業で自分のどこがわかっていないのかが明確になりましたし、記述のポイントも分かりやすくまとめてくれたので、自分で解き直すときにやりやすかったです。

化学はDVD授業を視聴しました。大まかに解説して問題を解くという流れだったので、覚えるべきことがまとめられて一番よかったです。

併願校についてはいかがでしたか?

お茶の水女子大学と筑波大学を併願しました。TOEICのスコアがあまり取れていなかったのと、お茶の水女子の化学は結構解けましたが、筑波は難しかったです。農工大学は標準的な問題でどのくらい点を取れるかタイプの入試形式だったので、難易度が高い筑波大学は対応できませんでした。

TOEICのスコアはどのくらいあったのですか?

500点前後です。筑波大学は農工大の発表の次の日だったので、受かったらいいなと思っていました。やりたいことをやるのが一番と思っていたので、もし合格していても、農工大に進学したと思います。

授業以外で役に立ったこと、利用したことはありますか?

自習室は土日でよく利用していました。他の予備校は、ひとりひとりのブースになっていますが、中ゼミは教室なので、自分が休憩しようかなと顔を上げると、周りは勉強しているので、やらなきゃいけないなと奮起できました。中ゼミ生が書いた受験情報のファイルが便利でした。大学によって出題分野が異なるので、どこを優先的に勉強したらよいのか、受験情報を見て、どこが出てて…などがわかるので、4月から始めた私には勉強の優先順位がつけやすかったです。

合格後何カ月か経ちましたが、その後農工大には行きましたか?

オープンキャンパスに行きました。学科改変があって生体医用システム工学科があったので研究室を見てきました。

単位の互換とは行いましたか。

分野などが全く変わるから認められるか心配で、個別相談ブースで聞いてきました。教授と一対一で話をして対応して認定しているから、心配ないと言われました。

2年で卒業できそうですか。

実験の単位次第ですかね。認められたら。もし、認められなかったら、3年生の前期か後期に2年生分の実験と3年生分の実験を取らなければならないんです。

最後に後輩に向けてメッセージをお願いします。

自分が受験決めてから、どこでやるかじゃなくて何をやるかが大事だとずっと思っていて、進学したら自分がそこで何をしたいのかを考えないと受験のやる気が出なかったから、編入して何をやりたいかどうなりたいかを考えながら勉強するとモチベーション保って勉強できると思います。

愛媛大学 理学部 数学科3年次編入合格合格

須佐さん

第一志望の愛媛に受かりました。おめでとうございます。

本命だったので、すごく嬉しかったです。

いつから中ゼミに来ましたか?

初めて来たのは8月の理系コースの説明会で10月から入学しました。

説明会も入れると、1年間以上通っていますがどうでしたか?

愛媛大学は今年の入試から英語がなくなったのですが、それまで英語の試験もあったので、英語と数学の勉強をしていました。編入することは、中ゼミに来る前にある程度決めていて、数学は高校数学の復習、英語は中学レベルの英文法の復習もやっていたので、授業はいい流れにのってついて行けたかなという感触でした。

英語はいつまで勉強していましたか?

今年から愛媛大学の英語の試験がなくなるということを知ったのは7月の中旬か下旬くらいでしたので、授業はほぼフルで受講していました。

結果的には英語は使わなかったということですが、役には立ちましたか?

とても役に立ちました。英語は、山崎先生、佐々木先生、伍代先生、千頭和先生と4人の先生方の授業を受けたのですが、どの授業も個性のある内容で自分の英語の弱点を埋めてくれるような授業でした。受講して良かったです。

英語に限らず、先生によって教え方の違いに混乱することはありませんでしたか?

混乱はありませんが、気をつけたのは千頭和先生でした。先生は色の使い方や解答用紙の使い方をいろいろ細かに決めていたので、慣れるまでは大変でしたが、今では英語力を高めるための一環だったんだなと復習していて感じています。千頭和先生は厳しいですが、自分はあおられてやる気がでるタイプなので一番好きでした。

一方で数学は江川先生、お一人でしたがいかがでしたか?

ほぼ1年間一番お世話になりました。自分は数学科志望で数学の講義は基本全部受講していたので江川先生とお会いする機会が多く、毎回、質問も簡単な内容から難しい内容まで分かるまでとことん丁寧に教えてくださったので、嬉しかったです。

以前、数学科を目指すにあたって、「数学に覚醒しないと厳しいよ」という話をしたと思いますが、覚醒した実感とかありますか?

正直な話、覚醒を実感できていません。愛媛大の試験で、自分が書いた内容に自信がもてるところまでは成長できたと思います。編入試験では今の自分がどのレベルにいるのかはきちんとわかっていました。

併願校は新潟大1校のみということでしたが、理由は何かありますか?

入学当初は、併願校として広島大や金沢大の数学科を考えていました。中ゼミで過去問をみたときに、難易度が高くて試験日の6月までに合格レベルまで到達するのは厳しいなと感じて、9月の新潟大なら合格点まで到達できる可能性があるかと思い併願校を変えました。

志望理由書について苦労した点、指導についてよかった点など聞かせてください。

自分は文章の表現力や語彙力が欠けていたので、志望動機を自分で書いて粕谷先生に添削していただきました。先生から改めて、「なぜ愛媛大なのか」を問われると、理由が自分でははっきりしていなかったことが判明し、面談を通して愛媛に行きたい理由を見つけていくのに苦労しました。

受験校の先生方が志望理由書を見た時に、入学させてあげたいなと思わせるような志望理由書を作成したかったので、粕谷先生と何度も思考錯誤して数学バカのような感じを伝えるような最高傑作の志望理由書を作成できたことが良かったと思います。

最後に一言お願いします。

大げさな言い方になるかもしれませんが、自分はこの編入試験に人生をかけていました。大学の勉強より編入試験にウェイトを置いてしまう本末転倒なやり方にはなりましたが、自分がこのような勉強スタイルをしたことに後悔はないですし、愛媛大学に合格するまでに、サポートしてくださった粕谷先生、江川先生たちに本当に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。